2017年9月20日水曜日

信州ため池カード収集

相変わらず、公共配布カード花盛りで、全国あちこちで新しいカードが発行されています。
全部に手を出していたらキリが無いですし、そもそも無理です。手の届く範囲で良さそうなやつを頑張ってみる、のがちょうどよいですよね。
この「信州ため池カード」はたまたまですが、三人くらいの友人から、こんなのあるんだって、と教えてもらったものです。全8枚というボリュームも多すぎませんし、ちょっと良さそう、と思っていたところに、長野電鉄の桜沢駅で硬券発売イベントがある、と聞きまして。
じゃあ、くっつけて行ってみよう、というわけで、2017年9月17日に行ってきました。

前日に出発しておいて、長野市内に宿泊、朝はゆっくりめにホテルを出て、まずは桜沢駅で硬券を買います。22年ぶりに窓口を開けて、硬券入場券や乗車券を発売したのです。こういうイベントは信濃竹原、市役所前、村山に続いて4回目かな。私、ここは有人駅時代に入場券を買ったことがあります。思い出の駅と言えるかも。
無事購入して、さあ、ため池カードにシフトします。

ルート取りをどうするか、というのが最大のポイントです。まずは、須坂市内の「竜ヶ池」に向かいました。臥竜公園の管理事務所にあるとのことで、調べてみたら、須坂市動物園の入口みたいです。カードをいただき、スタンプラリーの台紙もいただきます。
ラリーのスタンプは、消しゴムで作った動物の絵のハンコで、これは自分の紙に押してもらわなくてもいいかな。


む。このカード、写真がキレイですね。観光協会で持ってる一番いいところの写真を借りて作っているのかな、と思われます。
さて、折り返して、先程の桜沢駅の近くを通過して、飯山駅にちょっと寄り道。特上そばを食べて(普通のおそばより40円ぐらい高くて、超美味しい)、道の駅「ふるさと豊田」に寄ってから、高速に乗ってしまい、次の信濃町ICで降りちゃいます。関東道の駅スタンプラリーをやっているときにも、この区間は高速ワープ区間でした。ここを一般道で走ると大変なのよ……。
道の駅「しなの」に寄り道してから、黒姫童話館へ。随分と奥の方、スキー場の方へ進んでいきます。ほぼ一番奥って感じですね。
そうそうこの日は台風が近づいていたのですが、私がいた間は、ほぼ傘を使わずに済みました。らっきー。
ここでもらえるカードは「御鹿池」です。


折り返して、先に、霊仙寺湖へ向かうことにします。むれ温泉天狗の館というところでいただけるようです。
駐車場はほぼ満車です。大盛況ですね。温泉の前の庭に、「スラックライン」と書かれた札があり、何やらロープのようなものが張ってあります。どうもスポーツ綱渡りのようで、この周辺で推している模様。やってみようかとも思いましたが、スカートにヒールでしたのでやめときました(そりゃあそうだろう)。


次の「大座法師池」のカードがいただけるのは、飯綱高原観光案内所です。窓口に声をかけていただきます。
ちなみにこのカードですが、いただくときに簡単なアンケートに答えます。日付と、どこから来たのか、性別、宿泊か日帰りか、と。私の前にずっと同じ(と思われる)人がいて、お仲間がいるな、と思いましたわ(私の後の人もきっとそう思うだろうけど)。


次は「小鳥ヶ池」です。カーナビに電話番号入れて場所を検索したんですが、到着した観光情報センターさんでたずねたところ「ここじゃないよ」とのこと。
私のナビが古かったんですね。がくー。実際には、戸隠中社にある観光情報センターとのこと。
戸隠神社には昨年来て御朱印などいただいたので、今回はパス。情報センターにだけ立ち寄ってカードいただいてすぐ退散です。


折り返して、細い路地のような道に入ります。しばらくそんな心細い道を進むとロッジのような建物があって、そこが「鏡池」の鏡池どんぐりハウスです。
スタンプラリーの台紙にスタンプを押してもらいながら進みますので、あとどれだけ、というのがひと目でわかります。ですので、「えっ!こんなに集めたんですか!」と驚かれました。うふふ。あと2つです。


すぐ目の前に鏡池が見えています。傘はさすほどではないものの、雨粒はぱらぱらと落ちてきていますので、あんまりゆっくりは見られませんでしたが、神秘的な雰囲気のある、キレイな池でした。

さあ、ここからは離れています。小川村の「大洞大池」を目指します。戸隠から鬼無里を通過して向かうことになります。よくこんなところにお住まいだなあ、と思うような山深い集落をつなぎながら進みます。
星と緑のロマン館に到着しましたが、建物には準備中という文字が。えっ、ここに来て……と思ったのですが、扉が開いたので、中に入って声をかけます。でてきてくださったおじさまに、ため池カードなんですが……と言いましたら、はいよーと気さくに答えていただきました。おっ、あとひとつかい! なんて話も。


それにしてもここから見るアルプスの山々は贅沢な風景です。この日のお天気のせいもあるでしょうが、山々の隙間に薄く雲がかかり、仙人でも住んでいそう。

あと一つ。長野市だの千曲市だのを抜けた先のほうにあります。スタンプラリーの台紙には、どこでもらえるという情報は書いてありますが、何時から何時まで、という時間の情報はありません。
17時ぐらいまではやってるだろうけれど……と少し急ぎます。
えんやこら走って、「大池」の配布ポイント、大池自然の家へ。何やらバーベキューとかやっていますね。いいなー。
ここでカードをいただいて、スタンプ押していただいてコンプリートです。


一日でなんとか終わらせることができました。でも、ほぼ脇目も振らずって感じです。
先程も書きましたが、この「信州ため池カード」の特徴は、なんといっても、カードの写真の美しさが挙げられると思います。どれも本当にキレイで、カードとしてのデザインもよくできています。
最初から1,000枚限定です、と言われていましたので、おそらく今シーズンのみで終わってしまうのかなと思うのですが、良い企画ですので、ぜひ継続していただければと思います。

2017年7月22日土曜日

七夕というバス停

おもしろい地名や難読地名などは、事前に調べてわざわざ行くこともありますが、偶然通りがかって慌てて車を停めて写真を撮る、などということもよくあります。

この「七夕」バス停もまさにそれで、カーナビを見ながら走っていましたら、少し先に七夕という地名がある。バス停があったらいいなーなんて思っていましたら、今時随分減ってきた木造の待合室に笹の葉と七夕飾りで彩られた、七夕バス停が出現して、大喜びで車を停めたのでした。
この日は、たまたまですが、7月9日。2日ほど過ぎていましたが、若干枯れた笹と飾り付けはまだしっかりと七夕の痕跡を留めていてくれました。

場所はおおよそこのあたり。ストリートビューに切り替えると笹の葉の無い七夕バス停がこのあたりにあるはずです。
https://www.google.co.jp/maps/@37.8859041,140.8172065,16.75z




住所で言えば、宮城県丸森町大内。近くには、七夕神社もあるようで、七夕に関するイベントなどもあったみたい。
待合室の中を覗くと、「七夕の由来」が、直接壁に書かれています。わ! と思って読んでみましたが、ちょっとふわっとした記述で、七夕の伝来は奈良時代なんだー、中国の民話なんだーということはわかるのですが、ここがどうして七夕なのか、という説得力は弱めな解説でした。

2017年6月4日日曜日

道の駅の登録証

私の身の回りには、道の駅に全部行ったという方が、複数人いらっしゃいます。決して誇張や見栄などではなく、本当に行ってることを私は知っています。そういう方々が身近にいるがゆえに、あ、道の駅全制覇ってできることなんだなーと脳がその部分開放してしまっています。とはいえ、当記事執筆時点で1,025駅。まだ100駅ぐらい残っていて、先は長そうですけれど……。

さて、道の駅に行ったらやることがいくつかあります。外観の写真撮って、スタンプ押して、きっぷがあれば買って、そして「登録証」を撮影させてもらいます。
道の駅には必ず「登録証」があります。国土交通省道路局長からの、ここを道の駅として登録しています、という証拠書類のようなものです。一般のお客に見えるところに掲示すべしという通達があったはず、ですが、あまりここではそこについて掘らないことにします(通達違反をあぶり出したいとかそういうことではないので)。
よくわかるところに置いてある道の駅もあれば、事務所に大事にしまっている道の駅もあります。中には無くしたって言ったところもあって、さすがにそれはちょっとどうかと思いましたが(今は再発行してもらったのか、掲示してあります)。

賞状のような感じで、道の駅の名前がばーんと書いてあります。かつては道路局長のサインも書かれていましたが現在では省略されています。初期の頃は筆文字で手書きだったために、時期によって文字の大きさなどが全然違いました。そこも楽しみの一つだったのですが。

以下に様々なパターンをご紹介いたします。

◆駅名改称

道の駅にも駅名改称があります。市町村合併で「村」じゃなくなった、とか、旧来の施設を改めたとか、様々な理由によります。正式に駅名が変われば登録証は再発行されます。
現在の「あらかわ」
現在の「那須野が原博物館」
こちらは通称で「南飛騨小坂はなもも」と呼んでいますが、もしかしたら正式にはこれが正しいのかも。
現在の「長野市大岡特産センター」
市町村合併直後(大岡村じゃなくなった後)はこんなふうになっていたことも。
こちらは旧「中湧別」。改称後の登録証です。
こちらは「長野県」の賤母です。平成の大合併により岐阜県の中津川市になりました。改称とは違いますが、ここでご紹介。

◆違う材質

山形県では木製の登録証が。四国では金属製の登録証が発行されていたことがありました。それ以外にも独自にあれこれ。

山形県「とざわ」木製。

徳島県「宍喰温泉」金属製。

長野県「上田 道と川の駅」。木製。
兵庫県「播磨いちのみや」木製。

◆一文字の道の駅

○○の里とか、ひらがなにひらいたりする傾向がある道の駅の名称として、一文字というのはあまりありません。登録証もなかなか独特な雰囲気があります。

京都府「和」。なごみと読みます。

熊本県「錦」。

◆同名

まったく同じ名前の道の駅が存在します。ここで紹介した「さかい」以外にも「はが」がそうですね。
福井県「さかい」

茨城県「さかい」

◆ハートマーク

最近では絵文字なども使えるようになってきましたので、あまり気になりませんが、JISコードにない文字があると、パソコンでの表示に困ってしまいます。

◆書き足し

こちら、正式名称は「本庄」ですが、いろんな表記には「弁慶の里」が付与されています(例えば記念きっぷにも)。登録証をぱっと見て、名称変わったのかしら、と思ったのですが、よく見たら書き足してありますね。

◆敬称

文字の大きさに違いが有ります。「しらやま」(かの白山のことですね)に敬称としての「さん」がつけられているのだ、ということを私は後から知りました。
道の駅の記念きっぷも当初は「しらやまさん」と全部同じ大きさでしたが、ある時から「さん」がちょっと小さく表記されています。それが正式名称ということなのでしょう。

◆廃止駅

道の駅にも廃駅があります。京都の「茶処和束」と、兵庫の「山崎」です。前者は残念ながら営業している間に行くことができませんでした(ですので、ある意味そこに行った人には、永遠に数で追いつけません)。

◆休止中

震災や災害で被害をうけてしまった道の駅です。現在は休止中ですが、きっとまた元気に復活してくれることを祈っています。
岩手県「高田松原」

福島県「ならは」
和歌山県「瀞峡街道熊野川」

 

◆臨時駅

一日道の駅というイベントが過去に何度か開催されています。その都度こうしたものが用意されていたのかどうかはわかりませんが、平成17年8月6日の「品川宿」には、きちんと登録証が用意されていました。

◆正式名と違う?


北海道の「うたしないチロルの湯」は、何を見ても「うたしない」とひらがなで表記されているのですが、登録証だけは漢字で「歌志内」です。どれをもって正式名称とするのか、という議論はあるかと思いますが、ちょっと不思議な例です。

最後の一枚は、鹿児島県の「樋脇」です。……違和感を感じますでしょうか。なんか、模型みたいに見えませんか。ってか、登録証が……でかっ!?

私が行った1,025の道の駅でも登録証が撮影できなかった駅が結構ありますので、まだまだ終わらない旅です。

2017年5月25日木曜日

硬券をどう収納する?

私たちコレクターにとって「収納」は楽しくも頭の痛い問題です。

切手やコインは趣味の王道と呼ばれるだけあって、収納用アルバムが充実しています。大きめの文具屋さんやホームセンターでたいてい入手できます。

しかし、硬券はどうしましょう?

2017年5月21日。新橋にあった「交通書房」さんが閉店してしまいました。私はかつて、そこに通い、硬券用のアルバムを買い揃えたものです。
ポケッターとか、カレントコレクターアルバムなんて言い方をしますが、黒地に透明なフィルムが重ねられており、硬券などのサイズに仕切られているものです。AB型用、D型用、カード用などがあり、専用のバインダーもあります。




画像は、私の収納してあるコレクションの一部です。超ざっくりスマホで撮った画像ですので、背後がごちゃっとしているのとかあんまり見ないでくださいね……。
また、白地の硬券用アルバムというのもありました。少しバインダーは大きめで、台紙は紙でできています。

切符の見やすさとしては白地も悪くないなーと思いましたが、強度の面で私は主に黒地のほうを使っていました。

こうしたアルバムが何十冊とうちにあるんですけれど……、えっ、交通書房さんが無くなったらこれからどうすればいいの??

売り場が無くなっただけであり、版元はまだあるはずですので、何らかの方法で販売は継続されることと思います。事実引き継ぐ方がいらっしゃるというお話は聞いています。
または、新宿京王百貨店の切手コーナーでも扱いがありましたので、すぐに入手難になることは無いかなと思います……が……。

ちなみに、大きいサイズの軟券類は、私、テージーのアルバムに移行しています。若干お高めではありますが、よく行くホームセンターで取り扱いがあるので、入手も簡単です。



さて、そんな中、新たな「硬券収納バインダー」が登場いたしました。
先日(2017年5月20日)の秩父鉄道わくわく鉄道フェスタで初お目見えしたのですが、山口証券印刷というガチの硬券印刷場の新ブランド「Kumpel」によるアルバムです。
https://www.facebook.com/Kumpel.Stationery/

アプトの道の駅記念きっぷ用ホルダーと似た感じの、裏も透明なアクリル製で、D型用とAB型用があります。ホルダーは薄手で3つ3つの6穴。リングピッチが標準的なものかどうかはわかりません。5枚も入れたらもう一杯なんじゃないかしら、ぐらいの厚み。
A4サイズに納めてありますので、一枚にAB型なら12枚、D型なら6枚が入ります。裏面も見られるあたりがアプトのと似ています。
いくつかをセレクトして持ち歩くとか、買ったものを入れて持ち帰るとかそういう用途が提示されています。硬券で戦うときに使うデッキを入れておくんですね!(冗談です)

一冊1,500円ぐらいのビタミンカラーっぽいアルバムは可愛いです。可愛いですが、大容量の収納をしたい、というには不向きです。

それでも、版元である山口証券印刷さんが本気を出してきた、ということに私は歓迎の意を表します。ユーザーの意見が届けばどんどん改良してくるでしょうし、何より版元が出すということには意味があります。

私はかつて「メダリーフ」について収集をためらっていました。が、ディズニーランドに行けばアルバムが売ってるよ! ということを知ってから加速して集めるようになりました。
マンホールカードも版元が専用アルバムを出すらしい、というお話は聞いています。収納グッズがあるということは、集め方の例示でもあるんです。そういうちょっとしたことで売り上げは変わってくるんじゃないかと思います。

これからの硬券収納グッズ業界を注目して行きましょう。

2017年5月19日金曜日

まだまだカードの波におぼれてます

公共配布カードについて昨年溺れてたお話は書きました。
http://sampoya.blogspot.jp/2016/12/2016.html
その後も新しく次から次へと出て来るカードに楽しく翻弄されています。

いくつか地味だけどよい取り組みもありますので、私の目の届いた範囲からまとめます。

◆水の恵みカード

http://www.maff.go.jp/j/nousin/mizu/kurasi_agwater/mizunomegumi/

農林水産省が主導で、2016年の夏から配布が開始されています。もう既に一部配布終了がありますので、今からでは完集ができません。こういうところ、改善していただきたいと思うのですが。
水の恵みによって育てられる作物がテーマで、カード感よりもパンフレット感が近いかもしれません。A6ぐらいのレシピカードとかそういうイメージ。
北は北海道、南は沖縄の宮古島。中には喜界島とか沖永良部島とかあって、ハードルはかなり高めです。
何よりやっぱり配布終了がなー。

◆名水百選カード

http://www.env.go.jp/water/meisui/card/index.html

長崎県の諫早市にマンホールカードをいただきに行ったときに見つけたものです。調べてみますとこちらは環境省が主導のようで。100選ですが、現在のところ48箇所にて配布しています。
主に役所の窓口で配布していますので、ほぼ平日のみ。北海道から鹿児島まで。全国の散らばり具合のバランスは良いです。

◆鉄カード

https://www.facebook.com/ZENKOKUTETSUKA/

ついに登場したローカル鉄道をテーマにしたカードです。カードのデザインや配布しているローカル線のセレクトは良いのですが、大抵がイベントにて○○円以上ご購入の方に、という形です。グッズとしてはよくある配布方法ですが、公共配布カードとしては異例です。中には2,000円以上というところもあって、ちょーっと高くないですか? と私は思います。
ローカル鉄道の苦しい懐は理解しているつもりですので、例えば逆に一枚500円!などと決めて売ってしまうのも一つ手だとは思うのですけれど。
鉄道会社以外に、日本テレビが参戦していて、「鉄道発見伝」という番組のカードが存在しています。

◆城カード


 日本城郭協会が全国12のお城で販売を開始したカードです。公共配布とは意味合いが違いますね。単純に統一感のあるお城グッズです。これから増えるのかなとは思いますが、東日本は弘前城と松本城しか無くて、お友達に買ってきてもらった松山城しかまだ所持していません。
スペックをまとてめフォトジェニックな写真をどーんと載せるというのは、まさにこうしたカードにぴったりですので、続百名城を含めて、販売箇所が増えることを期待します。


◆かんがい施設カード

http://www.pref.gunma.jp/07/am5500021.html

そう来ましたか……。群馬県の灌漑施設を管理する土地改良区で配布をしています。全10種類。デザインはダムカードにかなり寄せています。もらいに行きますとどの職員さんも気さくで、どちらから? なんて話になります。千葉からです、と答えると驚かれるぐらいに……まだ知られていない感じが。

◆MOZU-FURU CARD

http://www.city.fujiidera.lg.jp/topics/1490591617039.html
この名称はどうなんだろうと思います。要は「古墳カード」です。着目点は良いと思います。とはいえ古墳すべてに管理所があるわけではありませんので、写真を撮って拠点に持っていくともらえるものです。
一気に59箇所はすごいなと思います。おもしろそうだとは思うのですが、まだ行けていません。いや、正確には先日仕事ですぐそばを通ったのですが、写真撮って拠点に行って、というプロセスに時間が掛かりそうだったのでパスしちゃいました。

◆砂防カード

調べてみたら、これ「砂防カード」と「砂防(SABO)カード」と別の取り組みがあるようで。岐阜県のほうの「SABOカード」はイベントのみの配布のようです。
もう一つの「砂防カード」は長野県の白馬村と小谷村。それぞれの村に来たよ!という自撮り写真を送るとセットでもらえるようです。
http://www.pref.nagano.lg.jp/himesabo/sabocard.html

◆南予の誇れる遺産カード

https://www.pref.ehime.jp/nan54141/nankenkikaku/nanyoheritage.html
どんどん狭くなっていくなあ……。こちらは南予、つまり愛媛県南部で配布されているカードです。ただ、該当の遺産と一緒の自撮りを撮らなくてはいけない(結構難しい)のと、先着100名のみ、というところから、本当に小さな取り組みなんだろうなあと思われます。カードそのもののデザインは悪くありませんので、もう少し数があってもいいんじゃないかと思います。

◆港カード

http://www.pref.niigata.lg.jp/niigata_kouwan/1356859717202.html
新潟の港を紹介するものとして個別の取り組みかなーと思っていた港カードですが、追随するところが出てきました。
別府港です。
http://www.pref.oita.jp/site/beppu17003/minatocard.html
まったく別個のものとして考えたほうがいいのかな。

◆船カード

奥只見湖の遊覧船で配布しているのは知ってた(持ってた)のですが、別の取り組みとして佐渡汽船でも配布されたみたいです。
http://www.sadokisen.com/info/?cd=288
おや、しかし記事を読むと北陸信越旅客船協会が作成したみたいで、ここに参加しているフェリーの会社は他にもあります。あるのかなあ。あったのかなあ。
http://www.tt.rim.or.jp/~ni-ships/
特に銘打ってはいませんが、伊豆大島の船などにもカード状の記念品はありました。統一感のあるデザインではないものならば他にいくらでもあるかと思います。ここはやはりダムカードのフォロワー的なものを期待しているのですが。




まだまだあるんだと思いますが、ひとまず見つけられたところまで。
毎回言ってますが、「レア感」を煽る理由って、どこにあるんだろう? って思うんです。ほら、早くしないと無くなっちゃうよ! という飢餓感を煽る方法は、新鮮なものを売り切るための手法だと私は思います。
記念品、もしくは人を呼ぶためのツールとしてカードを考えるのであれば、「潤沢にあるからどうぞごゆっくりお越し下さい」であるべきです。在庫管理の観点から、そうのんびりもやってられないのであれば、一年なら一年と期間を区切ればいいんです。
私は収集家ですが、万難を排してお金に糸目をつけずに収集できるわけではありません。時間にもお金にも限りがあります。その中で、できるだけ見たこと無いものを見て、得られるものを得たいのです。
私は比較的日本中を歩き回っているほうだと思いますが、それでも一年で40都道府県ぐらい。そこに平日のみだとか品切れだとかが絡んできたら……、無茶を言わないでよ、って思って、集めるのを止めて、そのことを忘れてしまいます。果たしてそれで配布側の目的は達成されるのでしょうか。
ダムカードに始まった公共配布カードのスタイルは、一つの発明だったと思います。手頃で、収集欲を刺激してくれて、新しいものを知ることができる。それを真似っ子するのは大いに結構ですし、我々も歓迎です。でも、そろそろ安易なものが乱立されているな、と感じるようになってきました。そろそろブームも終盤かな、とも。
私としては、ブームではなく、一つの方式として長く続くものであってほしいと願っています。いち収集家の戯言ではありますが、サンプルとして受け取っていただけたらなあと心をこめて。